干し梅じゃなくてジューシーな君を食べちゃいたいよ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
同じ空を見上げているよ
JUGEMテーマ:フジファブリック

若者のすべて/フジファブリック


フジファブリック。すごく好きだったわけでも、ライブを見に行ったわけでも、なんでもない。
むしろ「にわかファン」とも言えないくらいの立場で。
好きな曲は「パッションフルーツ」という、にわかもいいとこなレベル。
だけど、数年前の今日という日は、バイト帰りのがっつりロキノン厨な当時の私にはこのニュースがとても衝撃的で。
一般的にはメジャーじゃないかもしれないけど、界隈ではかなり有名なバンドだったから。
帰り道のコンビニの前でmixiニュースで見たときは、もう25日になっていて、とんでもないイブの夜だったなあって。

フジファブリックのことを語る資格などないようなにわかなので(苦笑)素敵なお話はフジファブリックのことを
ずっとずっと追いかけて追いかけて大好きだというファンの皆様におまかせします。

ただ、改めて思ったことは「『次』というものがあるのは当たり前ではない」ということ。
Twitterでピエール中野さんがよくツイートされていた「ライブには、バンドにはまた次がないかもしれないから見たいライブは見て」というような内容の発言が、胸に刺さった。
特に、バンドなんかはそうなのかもしれない。
V6ファンの人で、果たして「次が来ないかもしれない」っていう気持ちで見てる人はどれくらいいるんだろう。
少なくともわたしは見れてない。V6だけじゃない、椿屋のときだってそうだった。
見れる1回を、その瞬間を、自分のそばにいてくれる人を、時間を、大事にしたい。



運命なんて便利な言葉でぼんやりさせて。(若者のすべて)
 
posted by えま | 22:07 | music | comments(0) | - |
Search this site