干し梅じゃなくてジューシーな君を食べちゃいたいよ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
V6について本気出して考えてみたら vol.1
たまにはV6の話題でも。
といいますのも、昨日セクバニコンDVDを初めて頭から終わりまで見まして。
基本的に好きな曲しか見れないので、買って2年?近いですが本編数曲とドキュメンタリーと打ち上げしか見た記憶がなく。
それをブイファンでない方と共に見ていたのですが、打ち上げの途中でお開きになったのですが、あまりにも打ち上げの続きが見たくて、帰宅してから続きを再生。
それをまじまじと見ていたらおもしろかったのと、一緒に見ていたSMAPファンのお姉さまとの会話も思い出されて、なんかちょっとだけ客観的にV6の関係性を見た気がしました。

まあ、V6のメンバーの関係性なんて、おそらくネタにあがりまくりの話ですから。
今さらわたしが、出戻りが語ったところでなんぼのもんじゃいっていうネタなんですけどね。

単純に、どう考えても仕事で出会わなかったら確実に仲良くなんかなってないやろというような6人。
それが仲良く20年近く一緒に仕事をして、じゃれついているわけで。しかも30代の男4人と40代の男2人っていう、ぶっちゃけええ歳の男が。
セクバニコン打ち上げを見た限りでは、どう見ても仲悪そうには見えない。仮に険悪な関係だったとしたら、それを微塵も見せない彼らは完璧なプロ集団でエンターテイナーとしてはパーフェクトだと思う。
まあその可能性は低いんだろうなとは色眼鏡的に思ってます。
というか、喧嘩しまくって険悪なムードになるような関係性の時期がとっくに過ぎただけなのかもしれませんけども。

とゆうことで、セクバニコン打ち上げ映像以外のライブでのMCなどからの印象をわたしなりに咀嚼した結果。
(とりあえずとてつもない超大作になりそうな予感が既にしてますww)
独断と偏見まみれで、メインは坂本くん。ただただ長いので読む人いるかな、ぐらいの大作。

坂本くんは坂本くんで、いい大人ですので達観してるというか。いい意味でも悪い意味でも一歩引いてる感じ。
そしてメンバーを信頼しきってる感が出てて、メンバーもそれに当たり前のように答えるから特別坂本くんが奮闘する必要もないので、結果的に坂本くんが一歩下がってるように見えるのでは、ない、だろう、か。
セクバニコン打ち上げでもMCでも、会話にがんがん入ってく人ではない。ただし、自分がネタにあがるとうれうれと調子に乗るところが(家庭の環境的な)末っ子感全開。
だけど、カミっ子といるときはとてつもなくおにいちゃん感・育ての親感が出るのか出すのか。
ただ、カミっ子3人×坂本くん、てゆうのは個人的に好きでないと言うか、坂本くんがいなくても成立してる気がするので、ちょっとぎこちなく見えてしまう。完全に坂本くんは気配消してる気がする。


(●●)×(・△・)の場合
お父さん感全開。
単純に健たんが構ってちゃんで人たらしな甘えたちゃんな感じだから、それにただ反応しただけなのかもしれないけど。健たんといるときの坂本くんからは『しょうがないなぁ〜健は』みたいな甘い雰囲気が出てる気がして。
でも健たんは遠慮なく坂本くんを『おっさん』呼ばわりして、結構バカにしてる感が。(笑)
でも人たらしの健たんの才能なのか、坂本くんが諦めたのか(笑)怒ることなく、健たんをほったらかしていて。
健たんも健たんで、おっさん!て言う割りに、結構な頻度で『さかもとくーん』てキャラメルハニーボイスでべたべた甘えてるので、見てて微笑ましくなる二人。
どうでもええけどセクバニコン打ち上げでの

(・△・)おしゃんてぃー!
……(短い沈黙)……
(●●)おしゃんてぃー?

っていう数秒のシーンがたまらなく好き。おっさんと若者、みたいな。


(●●)×(仝_仝:)の場合
たぶんいろいろあった(笑)せいで、関係性としては変動激しかった二人じゃなかろうか。
憧れだ、って公言してる坂本くんと、うひょひょひょーなごーくん。
ほんとのツンデレだと思うから、表立っては坂本くんに対して何も言ってないけど、すんごい尊敬して感謝しまくってるんだろうなとは推測してる。
どう見てもごーくんと坂本くんて仲良くならなさそうどころか、犬猿の仲っぽい。そうおもってるのはわたしだけかもしれんけど…w
逆にタイプが違いすぎて、一周回って尊敬しあって言葉をいちいち交わさなくていい間柄なのかもなあとも思う。
時おり安心感からか爆走するごーくんと必死で手綱を握る(けど振り回されまくる)坂本くん。
ごーくんのお父さんのような感じだけど、でもどっちかっていうとやっぱり先輩って感じが強い。

(●●)×(゚ー゚*)の場合。
ただただ、でこぱちの不思議ワールドで迷子になってるだけの坂本くん。(笑)
年齢差もあるんやろうけど、健たん以上に坂本くんがでれでれしてるイメージ。
(゚ー゚*)かたかたちーん
(●●;)。oO(ふぁっ!?)
って、絶対なってただろ!って思ってる。←
末っ子としてかわいくかわいく、時にびしばし面倒見ていたんだろうなあと思っています。
子どもだから、ってデビュー当時はちょっと思ったところもあるかもしれないけど、不器用に『坂本くんー』て寄ってくる岡田のことがかわいくてたまらんのだと推測してる。
でもごーけんとは違って、成長するにつれて独特の世界観を持ち始めて、悩み始める末っ子のことを『リーダーだから』とかっていう義務感でなく見守ってたと思うし、岡田もまた独特の視点で坂本くんを見て追いかけていたと思う。
まあ、今は坂本くんのおしりおっかけまわしてセクハラのプロになってるけど。
怖いけど『おとなっ!』って岡田の中にある存在が坂本くんだったんだろうな、とは思います。
どうでもいいけど、一時期の『まーくん』呼びはけしからんぐらいの萌えを提供してくれてたので、何らかのきっかけで再燃しないかなとは思ってます。ほんまに。
あれはどういう風の吹き回しなんや、と思いつつも岡田のことなので『まぁくん、てなんかかわええやん?』みたいな普通の理由そう。


カミっ子×坂本くん(長野くん)、ていうイメージは最初に書いた通り、あんまりしっくりこなくて。カミっ子×よったんは十分あるねんけども。

てゆうか細かく語りすぎてちょっと死にそうです。(笑)
続きはまた明日ぐらいにでも!wwww
V6の関係性、ってゆうか坂本くんとメンバーの関係性、になりそうwwww
posted by えま | 22:37 | ブイロク | comments(0) | - |
4/29@REQUESTAGE12

FM802 25th ANNIVERSARY 802GO! SPECIAL LIVE REQUESTAGE12?

昨日、行ってまいりましたー!!!!!
SPYAIR、KANA-BOON、miwa、back number、Perfume、ASIAN KUNG-FU GENERATION。
どのアーティストさんも素敵で、back numberはMCの面白さにもってかれましたw
Perfumeは、あーちゃんは、相変わらずの安定したMCっぷりで。(笑)

●KANA-BOONのステージを出番前に見てて盛り上がり『あっつい!』ってなってたけど、あつくなってたのはあーちゃんだけだったという話。

●KANA-BOONの『アジカンの前座に出させてもらったのが4月29日。アジカンが大好きでコピバンをしていた。前座に出させてもらったときに、今度は前座ではなくアジカンと共演したいと思っていたら、今日4月29日。その夢が叶った。』というエピソードに、おかんのごとく感動しており、のっちに突っ込まれてるあーちゃん。

●えふまるに……あ、間違えた。FM802を『えふまるに』てゆうてしもた(笑)
のくだりのあーちゃん、激萌え。FM802さんは昨日より『えふまるに』となりました!!!←

●そんなえふまるにが25周年!とゆうことから
わたしたちも25歳! FM802とおない!
とタメ感を強調するあーちゃん。

●日本の音楽が好きだあああ!!!!
とあーちゃんが叫び、BANZAI(ウルフルズ)、EASY DO DANCE(TRF)、ULTRA SOUL(B'z)を流して掛け声かけたおしたのちに
他の人の曲ばっかりやったのでわたしたちの曲やりまーす!というあーちゃん。かーらーのチョコレイトディスコ。

ぱふゅちゃんたちのセトリはその他のメディアでお調べくださいww


その後、7年ぶりのアジカン先輩。
今を生きて、君という花、スタンダード(新曲)、ローリングストーン、リライト、そしてアンコールにソラニン!!!!!
ライブ慣の経験数がぶっちぎって多いので、やっぱし安定感は素晴らしく。
演奏もだし、もちろんMCも。(笑)
ソラニンははじめて生で聞きましたが、あのギターのイントロでぶわっと込み上げてくるものがありました。
漫画のための曲だけれど、去年一昨年の自分の出来事もあるので、なんかこううまく歌詞が重なる部分もあって、しびれました。

音楽が好きな人は仲間だと思ってるから。またどこかで会おうね。

っていうゴッチの言葉がすごく胸に響きました。
年を重ねて、昔(と言えども数年前)聞いていたアーティストのライブを見ると、こんなにも受け止め方が違うんだなあと感じました。
きっとそれは自分の中の何かが変化して、蓄積した経験たちの数も増えたからなんでしょう。
昔は『何をクサイこと言ってんやろー』って思っていたけれど、今ではずどーん!て胸に響きます。
アジカンを好きでいてよかった。
そして、音楽はいつまで経ってもわたしの青春であり、原動力であり、支えであり、ハッピーを提供してくれるものであるのだと感じました。
posted by えま | 23:20 | LIVE、MOVIEetc... | comments(0) | - |
National Theatre LIVE「Frankenstein」
さてさて。先週末は雪の影響で、様々な地域で被害が出たようですね。
アツい男・松岡修造がソチに行ってしまったから、とかいろいろとネタはあがってますが
どっと疲れた方もおられるかもしれません。今週末はどうなのやら。というか、異常気象怖い。


そんな中「おー、久々に雪降ったなあ」レベルに住んでいたわたしは、タイトルにありますとおり
TOHOシネマズに行きまして見てまいりました「フランケンシュタイン」。
ヴィクター:カンバーバッチ、クリーチャー:ミラー
という配役verを。あ、ネタバレすると思うので、嫌な方は先を読まれるのはオススメしません。

 
続きを読む >>
posted by えま | 18:22 | LIVE、MOVIEetc... | comments(0) | - |
Search this site